ニュース&トピックスNEWS & TOPICS

食育バス にしてつストア食育バスツアー2015年度キユーピー編を実施しました。

11月14日(36名参加)に大型バスで佐賀県鳥栖市にある「キユーピー鳥栖工場」に工場見学体験ツアーを行いました。
小雨の降る中、朝早くからお集まり頂き、ありがとうございました。

syokuiku_20151116_01.jpg

今回の工場見学内容は、「割卵」と「マヨネーズの充填」。(工場内は撮影禁止エリア)
割卵は、1分間に600個ものスピードで卵が卵黄と卵白に分けられていました。充填もマヨネーズのおいしさを保つために酸素を除去する様々な技術がありました。
マヨネーズ1本(450g)には、卵黄が4個使われていることやお酢にもこだわりがありリンゴやモルトなどの原料で独自のお酢を使用していることを教えて頂きました。
歴史は、18世紀半ばフランス軍がスペインのメノルカ島を占領した際、マオン街で食事をしたソースがマヨネーズのルーツと言われ、「マオンのソース」→「マオンネーズ」→「マヨネーズ」になったということです。
また、キユーピーグループが1年間に扱う卵の量は日本の鶏卵約10%にあたるそうです。 環境への取組みとして、卵の殻はチョークとして再利用されています。

syokuiku_20151116_02.jpg syokuiku_20151116_03.jpg syokuiku_20151116_04.jpg syokuiku_20151116_05.jpg

工場見学後は、マヨネーズ作り。油を少しずつ入れていくことが上手く作るためのコツでした。
出来上がったマヨネーズを「サラダクラブ」のカット野菜で試食。さらにキユーピー商品との食べ比べも行いました。

syokuiku_20151116_06.jpg syokuiku_20151116_07.jpg syokuiku_20151116_09.jpg syokuiku_20151116_08.jpg syokuiku_20151116_10.jpg syokuiku_20151116_12.jpg syokuiku_20151116_11.jpg

昼食は、マヨネーズを使ったレタスの炒め物と「サラダクラブ」の野菜に様々のドレッシングと6種類のディップソースでいろんな味を体験。
パンは「アヲハタのまるごと果実」を塗って、たくさんの種類を頂きました。
パスタもカルボナーラなど3種類ありおいしく頂きました。

syokuiku_20151116_13.jpg syokuiku_20151116_14.jpg syokuiku_20151116_18.jpg syokuiku_20151116_16.jpg syokuiku_20151116_15.jpg syokuiku_20151116_19.jpg syokuiku_20151116_17.jpg

工場内ではオリジナルグッズも購入。お土産もたくさん頂き、ありがとうございました。

syokuiku_20151116_20.jpg syokuiku_20151116_21.jpg


アーカイブARCHIVE