バイヤーおすすめ商品

『 秋鮭(あきざけ) 』

塚本バイヤーのおすすめ商品
2016年9月
吹出し

魚介類で秋の味覚といえば『秋刀魚(さんま)』が浮かぶ方が多いかも知れませんね。
実は『あきあじ』と呼ばれるほど『秋鮭』も秋の味覚の代表です。
今回はその『秋鮭』をご紹介します。

商品特徴

【秋鮭とは】
正式名称は【しろさけ】と呼ばれる鮭で、この時期は北海道東部で主に水揚げされます。
秋に川を上ってくるところから名付けられたと言われており、代表的な秋の味覚であることから【あきあじ】と呼ばれることもあります。

【他の鮭との違いは】
スーパーでよく見かけるのは【銀鮭】ではないでしょうか。
皮が銀色で美しく、身の色は他の鮭よりオレンジ色です。
ほとんどの銀鮭がチリ産の養殖物ですが、秋鮭は国産・無凍結であるところがアピールポイントです。  

当社の秋鮭のこだわりは

北海道根室のメーカー【マルカツ福島商店】との取り組みを行なっており、
原料買付 ⇒ 加工 ⇒ 空輸 の流れをスムーズかつ明確に行なっていただくことで、
高鮮度・高品質な秋鮭をお客様のもとへ届けることができています。
buyer20160901_01.jpg buyer20160901_02.jpg



おいしく食べて頂くために

当社では骨取り工程を各店舗にて行なっています。
お子様や年配の方にも安心しておいしく食べて頂けるように、丁寧な商品づくりを心掛けています。

欲しいものが欲しいタイミングで手に入るようになった時代ですが、
旬のものはその時期に食べることで自然の恵みのおいしさに気付くことができます。
秋の味覚の秋鮭を食べて旬のおいしさを堪能してください ♪