バイヤーおすすめ商品

大粒生食用カキ

塚本バイヤーのおすすめ商品
2016年1月
吹出し

今年は暖冬傾向といわれますが、冬に美味しいのはやっぱりカキ!
特に今年は20年に一度の出来栄えといわれており、
鍋物だけではなくフライ・炒め物・お好み焼き・カレーでも食べていただきたく、食べごたえ十分の大粒サイズをご用意しています。

カキがおいしい季節

buyer20160101_04.jpg

カキは2月頃になると、
身がぷりぷりに育ち一番おいしい時期になります。
グリコーゲンのほか、タンパク質・カルシウム・亜鉛などの栄養素を
たくさん含むカキは【海のミルク】とも呼ばれています。


商品特徴

buyer20160101_02.jpg

【産地との取り組み】
市場を介さずに、カキの国内最大産地である広島県にある加工メーカーより直接の仕入れを行なっています。 
加工場では衛生管理を徹底しており、細菌検査・ノロウィルス検査を毎日実施しています。
お客様の安全・安心を第一に考え、おいしいカキをお届けしています。





buyer20160101_01.jpg

【産地別特徴】
カキの生産量のトップは広島県で全国シェアの60%を占め、宮城・岡山・兵庫が続きます。
今回ご紹介する【大粒生食カキ】については、兵庫・岡山をメインに取り扱っています。
一般的に味が濃厚であるといわれる広島産に比べ、兵庫・岡山産はあっさりとして食べやすく大粒に育つという特徴があります。



【20年に一度の出来栄え】
今年のカキは全国的に出回る量が少なく高値傾向ですが、
その分生育が良く、身質の良さは【20年に一度の出来栄え】とも言われています。
当社が自信を持ってお勧めする【大粒生食カキ】でカキのおいしさをご堪能ください。