バイヤーおすすめ商品

愛媛県産 真穴(まあな)みかん

石倉バイヤーのおすすめ商品
2015年12月
吹出し

今回は、愛媛県産の真穴(まあな)みかんを紹介します。

真穴(まあな)みかん とは・・

buyer20151201_01.jpg

産地の真穴地区は、四国・愛媛県の佐田岬半島の付け根に位置する、八幡浜市の真網代地区と穴井地区の総称です。
宇和海の潮風と輝く太陽の日差し、柑橘類の栽培に最適な古成層の土壌と、おいしいみかんを作る上で必要な条件をすべて備えた名産地です。
太陽の光をいっぱいに受けられる段々畑で丹精込めて作られたみかんは、昭和38年にみかん産地として全国初の「天皇杯」を受賞。
以来、農林水産大臣賞など数々の賞を受賞した、愛媛が誇るブランドみかんとなっています。

商品特徴

buyer20151201_04.jpg

真穴みかんは、東京市場に主に出荷されており、九州の市場には直接入ってくる事はありません。
しかし、九州では当社だけが産地と直接の契約をして販売をいたしております。

真穴みかんは、糖度と酸味のバランスが良く、コクがあって美味しいみかんです。
その産地での選果基準は非常に厳しく、他の産地でいう特級品の発生率は100箱に1箱、秀品で100箱に5箱です。
そして、当社販売の優品クラスまでの出荷しか行われず、B級品については出荷をされません。

丹精込めて育てられた真穴みかんには、厳しい基準をクリアした証として、1個1個に真穴みかんのシールを貼られて出荷されます。



真穴みかんを生産する環境は厳しく、畑は急斜面の段々畑で、機械による省力化が困難です。
ほとんどの作業が人力によるものですが、それ故に生産者の確かな技と心がこもったみかんとなっています。
商品特徴 商品特徴














味と品質にこだわった真穴みかんを、ぜひご賞味くださいませ。