バイヤーおすすめ商品

国産牛小間切れ

上本バイヤーのおすすめ商品
2014年2月
吹出し

今回おすすめするのは、『国産牛小間切れ』をご紹介致します。
2月は、北九州地区・福岡地区の各店で月間を通して販売致します。
(5日より28日まで。一部除外店あります。)
特に、寒い時期の定番『すき焼き』は、小間切れ肉を使っても、美味しくできるんですよ!

おすすめ調理法

”小間切れ”は実を言うと万能なお肉なんです。
「すき焼き」「肉じゃが」「牛丼」「野菜炒め」「ビーフカレー」「ビーフシチュー」等など・・・色んなメニューに使えてお財布に優しいお肉なんです。
【牛丼】
牛丼


(1)


牛肉は小間切れを使用。玉ねぎは薄切り、ねぎは斜めにごく薄切りにする。
(2)鍋に水、「ほんだし」を合わせ、(1)の玉ねぎを加えて煮立て、沸騰したら弱火で玉ねぎがやわらかくなるまで、8分ほど煮る。
(3)(1)の牛肉をほぐし入れて煮立て、アクを取り、(1)のねぎを加え、ねぎに火が通るまで、サッと煮る。
(4)器にご飯を盛り、(3)をのせ、しょうがの甘酢漬けを添える。
【肉じゃが】
肉じゃが


(1)


玉ねぎは8等分のくし形切りにし、にんじんは1.5cm幅のいちょう切りにする。じゃがいもは4等分に切る。さやいんげんは3cm長さに切る。
(2)フライパンに油を中火で熱し、牛肉(小間切れ)を入れて炒める。肉の色が変わったら、(1)の玉ねぎ・にんじん・じゃがいもの順に加え炒め合わせる。
(3)「ほんだし」を加え、煮立ったらアクを取り、フタをして弱火で10分煮さらにお好みの味付けで5分煮る。しょうゆを加え、フタをせず5分煮る。フライパンの底から返すように煮汁を煮からめる。
(4)器に盛り、(1)のさやいんげんを散らす。
【すき焼き】
すき焼き


(1)


長ねぎは斜め切りにし、しいたけは石づきを取る。春菊は食べやすい長さに切り、焼き豆腐は8等分に切る。しらたきはサッとゆでて食べやすい長さに切る。
(2)小鍋に、割り下を作る。
(3)すき焼き鍋を熱して油をひき、(1)の長ねぎ、牛肉を焼き、肉の色が変わりはじめたら(2)の割り下半量を加え、煮立ったところへ(1)のしいたけ・春菊・焼き豆腐・しらたきを加える。
(4)取り皿に卵を割り入れ、煮えたものから溶き卵につけていただく。(3)の鍋に適宜、残った割り下、水少々(分量外)を加え、味を調節していく。
【ビーフカレー】
ビーフカレー



(1)



牛小間切れ肉に、下味をつける。玉ねぎ、にんにく、しょうがはみじん切りにする。
(2)鍋に油を熱し、(1)の牛肉を強火で表面に焼き色をつけて取り出す。
(3)バターを加えて(1)のにんにく・しょうがを炒め香りを出し(1)の玉ねぎを入れて弱火であめ色になるまで炒める。
(4)牛肉を(3)の鍋に戻し、煮立たせ、アクを取ってから弱火で約1時間煮込む。肉がやわらかくなったら、火から下ろす直前にガラムマサラを加え混ぜる。
(5)皿にご飯をよそい、オーブントースターでローストしたアーモンドを散らし、(4)のカレーをかけ、クレソンを添える。


店でお買い物の際は、是非、国産牛小間切れ肉をお試し下さい 。
お財布にも優しく、きっと満足していただけるものと自信を持って、販売致しております!