バイヤーおすすめ商品

大雲仙フルーツトマト

小林バイヤーのおすすめ商品
2013年3月
吹出し

今回は、青果部門の今のシーズンイチ推しの“大雲仙フルーツトマト”をご紹介いたします。
このトマトは、2月~5月の時期限定で毎年当社が最も力を入れて販売しているフルーツトマトです。 トマトが徐々に増えてくるこの時期に、安心・安全でなおかつ美味しいトマトを販売したいと考えておりましたところ、この大雲仙フルーツトマトと出会い、販売を開始いたしました。

大雲仙フルーツトマトの種類

大雲仙フルーツトマト

通常のトマトは糖度が3度~5度です。
6度あればおいしいトマト、8度あれば甘いトマト、10度あると、まるで果実のような甘さと言われます。

大雲仙フルーツトマトは、生産者による糖度計測で
糖度8度基準・・・ハニー8トマト
糖度10度基準・・・ハニー特ちゃんトマト  とランク分けされています。

これらの糖度8度以上のトマトは、島原で生産されるトマトのわずか10%程度の
大変貴重なトマトなのです。

当社では、販売前に店舗で糖度を計測して販売をしています。

甘味とおいしさのひみつ

大雲仙フルーツトマトは、長崎県の島原半島の最南端で栽培されています。
海沿いの潮風が吹く気候を利用して、甘味があるトマトを栽培しています。
糖度を維持できる品種「ソプラノ種」を植えつけて、さらに、水分を調整することでトマトが持つ甘味とうまみをぎゅっと凝縮しています。

干拓地で栽培しているため、土地の塩分含有量も多く、塩分がトマトのストレスとなり、水分を摂取しにくくして甘味を増す、「塩トマトの原理」も同時にはたらき、「あま~いトマト」を生み出しているのです。

また、このトマトは化学肥料と化学農薬を、長崎県の基準の半分におさえた、特別栽培認証品でもあります。

安心・安全でなおかつバツグンのおいしさ!
まさに今が旬の大雲仙フルーツトマト、是非一度ご賞味ください。自信をもっておすすめします!
大雲仙フルーツトマト 大雲仙フルーツトマト

このPOPを目印にお買い求めください

大雲仙フルーツトマト

おすすめのお召し上がり方
この甘味を生かすには、やっぱり生食がイチバンです!
スライスしてマリネに、おつまみに!一度食べるとやみつきになること請け合いです。
調味料要らずのおいしいトマトです。