バイヤーおすすめ商品

新物ベビーホタテ貝

太田バイヤーのおすすめ商品
2012年5月
吹出し

今回、ご紹介する商品は青森県陸奥湾産の新物ベビーホタテ貝です。 通常、私たちが知るホタテ貝のイメージは身、殻とも大きな貝であり、主に北海道を生産地として2~3年 くらいで成長した貝です。料理用途は鉄板焼、バター焼など、主に焼き物として用いられます。 このベビーホタテ貝は、青森県は陸奥湾で育ち、約1年ほどで育った小さめのホタテ貝で、形は小さいながら も身質は柔らかくて、甘みのあるおいしいホタテ貝です。 料理用途も多彩で、そのまま生食、サラダ用として、また炒め物、カレーなどにも最適です。いろいろな料理 に使えて冷凍保存ができるので、忙しいとき、時間のないときに使えるお助け食材です。

今季の新物状況

今季の新物状況

昨年の陸奥湾は過去最高の高水温の影響でほたて水揚数量が約3割と大減産になりました。 今年は青森の山々八甲田山・白神山地に例年にない程の雪が降り積もり、 春の雪解けと共に栄養豊かな水が陸奥湾へ流れ込みます。 自然豊かな良質な水はプランクトン(帆立の餌)を育み、そのまま甘くて美味しい帆立を育ております。 今年は例年の数量に戻り大豊漁が見込まれています。 小ぶりながら味・良質共に最高の通称:ベビー帆立をご家庭の食卓にお薦めします。

おいしさの秘密

おいしさの秘密

生食・サラダ用としておいしく、甘さが自慢のベビーホタテ貝。おいしさの秘訣はこだわりの製法にあります。 甘みののった獲れたてのホタテを産地で洗浄から加工までミネラル豊富な「冷却殺菌海水」を使用して短時間で 処理しているため、ホタテ本来の旨味を逃しません。この「冷却殺菌海水」とは、通常の真水や模擬海水とは ちがい、四方の山々からミネラルが豊富に注ぎ込まれた陸奥湾の海水を沖合400mから取水。そして ろ過・殺菌・塩分濃度調整を行いできた、まさに魔法の海水です。

栄養たっぷりホタテ貝

ホタテ貝の甘さは貝柱にグリシンなどのアミノ酸やタウリンをたっぷり含むためです。タウリンには、コレステロール低下作用や血圧を正常に保つはたらきがあります。高タンパク・低カロリーの健康食品として、現代人にぴったりの食材です。

おいしさ満点で料理に便利なベビーホタテ貝を是非、ご賞味ください。

ベビー帆立をタケノコの中華炒め
ベビー帆立をタケノコの中華炒め 材料(2~3人前)
ベビーほたて 200g
タケノコ(細切り) 100g
ピーマン 1/2個
生姜 2片
ゴマ油 小さじ1
お酒 大さじ1
塩・胡椒 少々
オイスターソース 大さじ1

作り方
1.生姜は皮を剥いて千切りに、タケノコも千切りにする。
2.フライパンにごま油を入れ熱し、ベビーほたてと酒を加えて炒め合わせる。
3.タケノコの細切りを入れ、生姜を加えて炒め合わせる。
4.仕上げにオイスターソース・塩・胡椒で味を調える。