バイヤーおすすめ商品

大分産 ひろびろいけすブリ(養殖)

園田バイヤーのおすすめ商品
2011年1月
吹出し

今月ご紹介するのは大分県津久見市で育てた、養殖のひろびろいけすブリです。
冬のブリは寒ブリと言われ、多くの脂肪がのっており美味しいといわれます。
このひろびろいけすブリは他の養殖ブリ・ハマチと大きく異なるのはなんといってもその名のとおり、ブリを育てるいけすの大きさにあります。

ひろびろいけすブリの特徴

いけすの中での密度の違い

一般的な養殖ブリのいけすは10m×10mですが、ひろびろいけすブリは40m×60mという巨大ないけすで育てられ、さらにその中の密度も通常の1/3 とブリにとっても、のびのびと遊泳でき、運動量も豊富でストレスの少ない、より天然に近いブリに仕上がっています。
さらに与えられる餌にもこだわりがあり、臭みの少ない美味しいブリです。是非、一度ご賞味ください。

冬の代表的なお魚、ブリはさまざまな料理に適しています。一番はなんといってもお刺身。脂ののって臭みもすくなく美味しいですよ。
このひろびろブリの育てられている大分県ではブリのあつめしも食べらていて、あったかいご飯に胡麻醤油につけこんだブリの刺身をのせて食べるブリは最高です。
その他、焼きでは照り焼の他、バジルオイルに漬けた切身も臭みが少なく美味しいです。大根といっしょにあら炊きに、また薄くきってブリしゃぶなどにしても最高です。ブリを美味しく、また臭みととるには熱湯に軽くくぐらせて調理されるといいですよ。 

一般養殖ブリとの違い

赤身の肉質に含まれるタンパク質をはじめ、脂質、ビタミン、ミネラルなど多くの栄養素を含んでいます。
脂肪に含まれるDHA、IPAなど不飽和脂肪酸を豊富に含み、血中コレステロールの中性脂肪の低下作用、またタウリンも豊富に含まれています。お魚を食べると健康にいいですよ。
産地である大分県津久見漁場では、きれいな海を守るために環境汚染に十分注意して、自己基準を定めて定期的に漁場環境を調べて確認しています。
製品については常に気を使っていて漁場から加工場にいたるすべての生産ラインでHACCP方式による品質管理を行い、国産認証機関の認証も取得して、安心・安全で美味しく召し上がっていただけるようにこころがけています。