バイヤーおすすめ商品

九重栗南瓜(くじゅうくりかぼちゃ)

穴井バイヤーのおすすめ商品
2008年5月
吹出し

今回ご紹介するのは九重栗南瓜(くじゅうくりかぼちゃ)です。 九重栗南瓜(くじゅうくりかぼちゃ)の特長はなんといっても食べた時のホクホク感です。
数多い南瓜の種類の中で紛質感はNO1!
さらに果肉は濃黄色で甘みが強いのが特長。 電子レンジで“チン”とすれば まるで焼き芋のような食感を味わえます!
さらに主婦に嬉しいのは、その果肉の柔らかさです。 南瓜を包丁でカッティングするのはものすごい力が必要でしたが、九重栗は柔らかいので女性でも簡単にカットできます。
形は表皮が濃緑色のストライプ入りで、先端のとんがり部分がまるで栗の形そのものです。

九重栗南瓜

当社の野菜部門では昔から"トマトと南瓜は果物同様に味が勝負!!"というこだわりがあります。 トマトについては、今時期はサラダ系、高糖度系、調理系まで含めて20数アイテムを取り揃えています。
そのような中、南瓜についても美味しいものを探していたところ、4年前になる2004年の8月に青森産九重栗南瓜に出会いました。

それまでも数種類の栗と名の付く南瓜を販売してきましたが、今までと違いそのときの九重栗南瓜のお客様の反響はものすごいものがあり、お客様から各店で、南瓜の名前を名指してリピートされたのです。指してリピートされたのです。
「この前買った栗南瓜がすごく美味しかったから、まだありますか?」といった具合です。そしてその年は、約25トンを販売しました。
その後も時期や産地によって数多くの栗南瓜を販売しましたが、やはり9月期の九重栗の南瓜ほどは売れません。
そこで、ここまでお客様に支持される品種"九重栗南瓜"であるならば、この九重栗南瓜を西鉄ストアの"顔"にしようと全国九重栗南瓜の産地リレー販売に取り組みました。
5月に沖縄産九重栗南瓜を扱うのを皮切りに、6月は熊本、鹿児島産、7月中旬までが長崎、それから9月中旬までを青森産、そしてそれから11月中旬までを北海道産の九重栗南瓜で計約7ヶ月間 産地リレーでの継続販売を実現することができました。

九重栗南瓜

今年は7ヶ月間で150トン(約12万玉)の九重栗南瓜の販売を計画しています。
また今後は残りの12月から4月までの4ヶ月間もどうにか九重栗南瓜の販売ができないか、産地や気候を考え検討しているところです。

にしてつストアにご来店の際には是非、南瓜のこのマークを目印に自慢の九重栗南瓜をお選びください。お待ちしています!

九重栗南瓜